profile

categories

selected entries

recent comment

recent trackback

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.04.25 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

祝御引越。

いつもブログをみてくださってありがとうございます。

このたび、
田野聖子オフィシャルブログ完全リニューアルに伴い、
              このブログも移行致しました。

今後ともよろしくお願い致します。

また、素敵なオフィシャルサイトを制作してくださった株式会社budoriのみなさまに、
心から感謝致します。ありがとうございました。










心地良色。

先日、半端ない台詞量の撮影がありました。
その上、現場での台本直しが多かったので、
   その日のうちに終わるのかと…正直ちょっぴり不安になりましたが……

スタッフのみなさんが私の集中が切れないように盛り上げてくださって、本当に気持ちのいい撮影となりました。
そして、無事に時間通りに終了!
あの量の撮影でみなさんも不安だったろうに、誰一人としてイライラしたり、焦ったりしないあの現場の雰囲気は、気持ちを軽くしてくれました。現場のその空気感は自然と映像に出てきますよね。出来上がりが楽しみです。

でも、

舞台にしろ、
映像にしろ、
アテレコにしろ、

何度お仕事を重ねても、
終わると「あそこはああすれば良かった」「もっとああいう風に挑戦すれば良かった」「あそこをこう変えられたかもしれない」と色々出てきます。
結局、"完璧!"なんてものはどこにもないんです。

やればやるほど、目標は遠のく。
やればやるほど、自分はまだまだだということに気付く。

だからこそ、続けていられる気がします。

そんなことをツラツラ考えながら帰路についたその夜…。

それでも、
気持ちのいいみなさんとお仕事ができたその夜は
           心がいい色に染まっていました。



大神社展。

”神社パワー全開!”

このキャッチフレーズに、一瞬ぷっと笑ってしまいましたが、
正に大全開!パワー炸裂の大神社展! …いかれましたか?

あたしも勉強不足で本当に知らないことだらけですが…すごかった…。

今年行われる伊勢神宮の式年遷宮を機に、神社本庁や各地の神社の協力があって実現した展示会なのですが…

なにがすごいって、格神社にある神様に捧げる為だけに作られた装束や、祭具、そして神像などが展示されています。そのほとんどが、国宝または重要文化財。前代未聞の展示会だそうです。

誰の目に触れることも無く、神様の為だけに神社に納められていたものを人前に持ってくる…きっとこれを実現させるには、賛否、様々な声があったんだろうな…
でも、日本人として生きてきて、この展示、絶対観るべきですっ!!!

…なんて、声を大にしていますが、実はきっかけは友人の稲田美織さんの写真が展示されているからなんです。
美織さんはNYで知り合い、私の映画「うつぐみの色」にも出演してくれた写真家。彼女は世界の聖地を撮り続け、そしてついに伊勢神宮の式年遷宮へと導かれたのです。女人禁制の神社に入り込み、数年に渡り写真を撮り続けた美織さん。その作品はどれも美織さんにしか撮れないもの…。
彼女の写真は、入ってすぐの入口。伊勢神宮の春夏秋冬。そして会場に入る前のエスカレーター下、待合室にあるパネルです。こちらもご注目くださいね。

一緒に言ったメンバーがまたすごかった!
左端の私の横から、
その写真家、美織さん、
ミステリオ主催、のぞみさん、
オペラ歌手、麻子、

ね、このメンバーが揃うと姦しくないわけがないでしょ!?女3人どころか4人揃っちゃって、そしてこのメンツ…(笑)
みんなNY繋がりでインターナショナルな妙な空気でしたし。
そもそも世界中飛び回っている"この"3人が"この"時期に東京に揃うなんて!!!
それにもビックリ…。

何度、係の人たちにシーッとされたことか…。
真剣にみて感動してただけなんですが、つい声が大きくなっていたようです(笑)


ぜひ、いってください!
お薦めです。






徒然時間。

この頃は、
チョコチョコお仕事をしたりしてますが、
 ガッツリ入ってるわけではないので、の〜んびり。
読みたかった本やDVDも着実にこなしております!
会いたい人たちともガンガン会うことにしています。
…なんせ、舞台に入るとかなり周りをシャットダウンしてしまうので。その反動かしらね。
舞台の稽古をしながらも、プライベートをも楽しんでいる役者さんに憧れてしまう…。

そんな中、昨日は奇跡の一日。

昼間、ミーティングのあと街を歩いていたら…。
なんか記憶をくすぐる顔と遭遇。
お互い目が合って、数秒フリーズ。
その間、
「ん?知ってる。知ってる。誰だっけ?どこであった?誰と一緒だった?」
と凄まじい早さで電流が頭の中を駆け巡る、恐らく同じ瞬間に
「あ!****!!!」
「あ!聖子ちゃん!」
みたいな感じでした。
昔仕事を一緒にやった俳優さんとバッタリという東京のとある街角、昼下がり。

その夜、他劇団の芝居を観に行ったところ…。
幕間にロビーのベンチでメールをしていたらどこからか話し声が。
「なんかね、セイコちゃんがいたのよ!あー、どこに行ったのかしら!」
   ふーん、同じ名前の人がいるのねぇ〜。
「ほらほら、俳優座の!」
   ん?あたし!?!?
その瞬間に身体が反応して立上がり、声の方向をみたところ…
去年から何度も共演している女優さん!
いやいや、芝居を観に行ったら、どこかで知り合いに会うようなものだけど、私の名前をいいながら探してくれてる人の横に自分がいるなんて…
終演後は彼女とお茶をして帰ったのでした。

そして、その彼女とお茶を終え、駅で別れる間際…。
「田野さん!?」
すれ違い様に声をかけてくれた人が。
振り向いた途端
「わーーーーっ!」
一昨年、舞台に出演させていただいた小劇団の脚本演出家!
マウスも観にきてくださったけど、会えなかったので…そこでまた一盛り上がり。


はぅー。
そういう日ってあるのよね。
どの再会も、少しのタイミングが違えば会えなかった人たちばかり。
人生って本当にそうですね。
すれ違うタイミングによっていろんなことが変わってくる。
一つずつ出会ったことに対し、それぞれ感動を持って迎えるだけで、心がこんなに温かくなるんだね。

ポカポカしながら岐路についた春の夜でした。


来春爛漫

 4月だ〜!


新しい別れ、そして出会い。
いろんな想いが交錯する春。

…それがまた
  大好きなんだなー。

春だもの。


例年だと、
ソメイヨシノの前にうちのロビーで春を楽しむのですが、
今年は外の桜がはらはらとし始める頃にロビーがピンクになりました。


さぁ、新年度。
気持ちも新たに参りましょう!



愉楽日々。

 二つの舞台が終わり…、
   時間が出来始めました!

なので、

友人たちと温泉に行ったり、
つい先週まで舞台を創ってた仲間と集まったり、
昔の友人とお茶したり、
家族と誕生日や快気祝いをしたり、
舞台を観に行ったり、


な〜んか、楽しい日々を過ごしていました(笑)

さて、もう4月が目の前。
   またお仕事再開します!

そして、

  近々このブログもお引越予定!

春だね。
新しいこと始まるね!

詳細はまた後日にお伝えしますね。
お楽しみに〜。
 …って、あたしが一番楽しみ♪






独女激白。

今月発売の 美ST5月号 にちょこっと出ています♪

四十路独身女性の実態のような感じ……

そっか、私ってば、四十路独身女…なんだぁぁぁ、と改めて認識(笑)

孤独死についてどう思うか、という質問には切実に「腐りたくないです。」と答えた私。
いやいや、これ切実だから!
だから、みんな連絡取合ってね〜。


そんな中、
マウスの公演中に学生時代からの友人から夜中にメールが。
「聖子結婚するの?」

へ?
なぜにいきなり?!
しかも「久しぶり〜」かと「元気?」とか、はたまた「舞台行けなくてごめんね」という枕詞も無く、たった8文字だけのメール。
急に彼女のことが心配になりメールをしたところ、久々に会うことになったんだけどね…

会う直前のメールのやり取り…

E子「おばさんになった私のこと分かってくれるかな」
私「あは。笑える〜〜〜!」
E子「笑えません。」

どうした!E子!!!
ということで、昨日会ってきました。
どこにいる!?E子似のおばちゃん!!!と探しましたが…
なんてことはない、学生時代と変わらないキュートなE子でした。人騒がせな〜。
結局、恋愛話などはほんのちょこっとで終わり、好きなドラマの話をしているE子の姿は学生時代の時のまま。何も心配ありませんでした。
…ん?こんなだからあたしたち結婚できないのか(笑)

四十路独身女性はそんなこんなで今日もみんな元気です♪



感謝感謝!

 60周年プレミアム公演
「マウストラップ」

全公演日程が終了しました!
 貴重なお時間を使ってご覧くださったみなさま、
  あなた方と一緒に舞台の空間を共有できたことに心から嬉しく感じます。
  ありがとうございました。
 行きたいけど事情があっていけない、とご丁寧にご連絡をくれたみなさま、
  あなた方の一言一言が応援メッセージとなりました。
  ありがとうございました。
 いつもにこやかに接してくれたブルーシアターのスタッフのみなさま、
  あなた方が細やかな心配りでお客様に接してくださったことに感謝です。
  ありがとうございました。
 日々の私たちの心の癒し空間まで提供してくれた衣装&床山さん。
  あなた方の笑顔でどんなにかみんなの気持ちが明るくなったことか!
  ありがとうございました。
 毎回私たちのステージを美しく華やかに彩ってくれた技術スタッフのみなさま。
  あなた方が私たちの芝居と共に呼吸してくれているのを毎回感じました。
  ありがとうございました。
 毎ステージ私たちと共に舞台を駆け回り支えてくれた舞台スタッフのみなさま。
  あなた方がいてくれたから私たちは安心して舞台に立つことが出来ました。
  ありがとうございました。
そして…
 愛する共演者7人&Jason
  あなた方と出会えて幸せでした。もうあの山荘の濃ゆい面々に会えないのは寂しい…
  ありがとうございました。


ケースウェルというアクの強い役を演じたことは初めてでした。
20年以上続けてきて「初めて」に出会えることの幸せ。
それはお客様やキャスト、スタッフのみなさまの支えがあってこそです。
……もうこのメンバーと芝居を作ることはないのかと思うと、すでに心にポッカリ穴が開いた気持ちになっています。

私は本当に恵まれているな…。
幸せだな…。
みなさま、ありがとうございました。

そして、
最後はお決まり………

「結末は誰にも言わないでください」

 シーッ!




千秋楽朝。

 「マウストラップ」
………楽日の朝になりました…。

泣いても笑っても初日の幕は上がる。
笑っても泣いても楽日の幕は降りる。

このメンバーでこの世界にいられるのもこの一日だけ。
最後の最後の瞬間まで生き抜きます。

行ってきます!





感謝白愛。

 今日は世間はホワイトデーでしたのね。
   …全く覚えていませんでした……笑


しかしっ!!!
マウス組の俳優陣は本当にステキです♪
朝一で若三人衆が女性楽屋に来て、
「ホワイトデーですので。」
と爽やかな笑顔でプレゼントをくれました〜。
ヴァレンタインデーはまだ稽古に入っておらず、チョコを渡していないのにっ!
ん?4つ???そうです、終演後、トリックスターエンターテインメントの社長、新井さんが女優陣に「ホワイトデーのプレゼントです」とにこやかに渡してくれました。
ふむむ〜。
こんなにホワイトデーにプレゼントを頂いたことは初めてです(笑)
みなさま、愛をありがとうございます。

ブルーシアターともあと3日でお別れ。
いろんなところに残されているブルーマンの手形…
そういえば、ブルーマンを観にきた時にはまさか自分がこの舞台に立つとは想像もしていなかったな…
そしていろんなメディアに紹介された掲示板。
このキャスト&スタッフ、そしてお客様とマウストラップの世界をシェアできるのもあと少しなんですね。今日もみんなで「寂しいね…」と言い合っていたところです。

残り3日間。
駆け抜けます。




「MOUSE TRAP」 
 3/6〜3/17
六本木 ブルーシアター

公式サイトはこちらへ↓

FaceBook↓





Check

| 1/71PAGES | >>