profile

categories

selected entries

recent comment

recent trackback

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.04.25 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

心地良色。

先日、半端ない台詞量の撮影がありました。
その上、現場での台本直しが多かったので、
   その日のうちに終わるのかと…正直ちょっぴり不安になりましたが……

スタッフのみなさんが私の集中が切れないように盛り上げてくださって、本当に気持ちのいい撮影となりました。
そして、無事に時間通りに終了!
あの量の撮影でみなさんも不安だったろうに、誰一人としてイライラしたり、焦ったりしないあの現場の雰囲気は、気持ちを軽くしてくれました。現場のその空気感は自然と映像に出てきますよね。出来上がりが楽しみです。

でも、

舞台にしろ、
映像にしろ、
アテレコにしろ、

何度お仕事を重ねても、
終わると「あそこはああすれば良かった」「もっとああいう風に挑戦すれば良かった」「あそこをこう変えられたかもしれない」と色々出てきます。
結局、"完璧!"なんてものはどこにもないんです。

やればやるほど、目標は遠のく。
やればやるほど、自分はまだまだだということに気付く。

だからこそ、続けていられる気がします。

そんなことをツラツラ考えながら帰路についたその夜…。

それでも、
気持ちのいいみなさんとお仕事ができたその夜は
           心がいい色に染まっていました。



スポンサーサイト

  • 2013.04.25 Thursday
  • -
  • 10:18
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
田野さん なんの撮影ですか お忙しそうでなにより やっぱり 撮影のときの雰囲気って 映像に
でちやうんですかね 画素が粗末だと大丈夫かな 笑 
そうですね それは 充実しているときの感想
ですよ でもあれですかねフイギュアの選手
みたいに 「やった今回はかなりいけてる」
なんて恍惚感にしたるときも あるんでしょうか

また何の撮影か教えてください

初夏の陽気ですね ではまた六月前半に
  • OKADA
  • 2013/05/14 10:27 PM
いえいえ…あたしも実は自分に大アマです(笑)
アメリカ人の友人たちは自分が一番自分を褒めてあげる、と言っています、それって大事なことですよね〜。
  • seiko
  • 2013/04/23 9:55 PM
自分で自分をしょっちゅう褒めてる私にはなかなか
耳の痛いお話しでした。
海より深く反省しました。
  • 城南区民
  • 2013/04/22 3:14 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック